進学塾のデメリット

受験勉強をいつ始めるかは個人差もありますね。
比較的早く始める場合は、部活や住んでいるところから塾までの距離などによって時間配分なども変わってくるので普段の生活にも影響が出ます。
本人は部活も真剣に考えているけど、塾があるとそちらが優先されてしまいますね。
志望校に合格するためにはある程度の犠牲も必要になることがあります。
これは進学塾に通う場合のデメリットになってしまうかもしれません。
学校以外でも学ぶ場ができますが、無料ではありません。
塾によって違いますが、高い授業料を支払うので経済的な負担もかかります。
子供が志望校に合格するためには必要なことですが、経済的な負担をデメリットに感じることもあります。
他には講師との相性などもあるので、指名制度のないところや個別指導でも、子供が合わないと感じる場合はそれがストレスになってしまい勉強に集中できないこともあります。
この場合は指名制度を導入しているところがおすすめです。
中学受験についての詳細は家庭教師中学受験ラボ※評判はどうなの?気になる塾との違いがわかりやすいです。